平均年収と比べて不動産業の年収は?

SITE MENU

シティビルサービス札幌の詳細お伝えします!

シティビルサービス札幌の詳細お伝えします!メイン画像

不動産業の年収は中堅のシティビルサービス札幌から大手企業まで企業規模によって異なりますが、平均年収と比較し高額となっています。

平均年収と比べて不動産業の年収は?

不動産業の年収は平成27年度で平均424万、男性のみでは平均536万となり年齢に応じて昇給していく傾向があります。

シティビルサービス札幌のようなビル管理も行っている為、正確には不動産業・物品賃貸業に分類されています。

これは産業用機器や事務用機械器具などといった物品を賃貸する事業所が分類されており、平成19年からの分類となっていました。

不動産業では営業による歩合が最も収入を上げやすく、多忙にもなりますが不動産売買による営業利益による収入アップにより年収は高額になりやすいです。

逆に営業成績が上がらなければ年収は低い額になりやすく、若い頃の不動産業の営業はハードな職場と言われています。

また不動産業の特徴として景気の影響を非常に受けやすく、年ごとの平均年収に差がつきやすいといった特徴があります。

不動産業では土地の売買などの動きが少なくなれば収入は減りますので、高額な物件を扱う事が多い業種では仕方ないのかもしれません。

シティビルサービス札幌のように地方都市を中心に業務を行っている場合も同様の事が言えます。

不動産業は離職率も高い職場ですので、年収の平均を確認すると年齢事年収は上昇しますが平均的な伸び率が低く、若い頃から年収は高めな傾向にあります。

最大手の不動産業などの場合は年収が非常に高い額になっていますが、それはごく一部の不動産業に限られています。

とはいえ平均年収と比較すると高額な分類に入りますので、不動産業は儲かる業種であると言えそうです。

シティビルサービス札幌の詳細お伝えします! Copyright www.soa4all.org.All Rights Reserved.